ダイビングのライセンス取得を考えているなら、沖縄で決まり!

スキューバダイビングを考えているなら沖縄がおすすめです!その理由としては第一に価格が良心的であることが挙げられます。

都心部でダイビングのライセンス取得をしようとすると大体3〜7万円はかかってしまいます。それが沖縄では大体1万円前後から取得することができるのです。沖縄に旅行がてらダイビングライセンス取得をしにくる人も多いのだとショップの方も言うほど。同じお金をかけるなら、ライセンス取得だけでなく沖縄旅行も楽しんだほうが断然お得でしょう。また、沖縄ではプール実習というものがなく、最初から海の中で練習をするのでダイビングに慣れるのも比較早いです。

そのため、幼い子供だけでなく体力に自信がなくなってきた高齢者でもライセンス取得に挑戦しやすいのでおすすめですよ。第二に海までの近さ。実はダイビングってゆったりとしているようで体力を使うのです。そのため、移動時間は最小限にして体力を温存することが大切なのです。ダイビングが始まる前に疲れてしまっては元も子もないですからね。そしてなんと言っても海の美しさ!日頃のストレスなんか忘れてしまうほど美しい海が待っています。一度潜れば海の中の世界に惹かれてしまうこと間違い無しでしょう。

色とりどり、大小様々な魚や珊瑚達があなたを迎えてくれますよ。同じ沖縄でも潜るスポットによって世界が180度かわってきます。神秘的な青い光が差し込む洞窟、まるでお花畑のような珊瑚、ウミガメと過ごすゆったりとした時間、海の中の蛍とも言える夜光虫の幻想的な光等…どこを潜っても飽きることはないでしょう。皆さんにもぜひ、沖縄でのダイビングライセンス取得にチャレンジしてほしいです。あなただけの海の世界がきっと見つかることでしょう。

すそわきが治療の際の麻酔方法

すそわきがの治療方法を開発するにあたり、まず私が考えたのが麻酔のことでした。

患者様にとっては、手術に伴う痛みというのはとても大きな問題です。実際、カウンセリングの席では「本当に痛くないですか?」というご質問を毎日のように受けています。患者様にとっては治療効果もさることながら、「手術の痛み」というのは非常に気になるものです。

そこで私は患者様の立場に立ち、まず麻酔から見直してみることにしたのです。
私は日本麻酔科学会に所属しています。その私が常に感じていることが、「私たち医師は、もっと麻酔に対して配慮するべきだ」ということです。

麻酔とは、手術に伴う患者様の痛みを和らげるために行うものですが、麻酔の役割はただそれだけではありません。患者様の肉体的負担を最小限に抑え、手術効果を高めるなど、ほかの要素もあるのです。しかし多くの病院では、そこまでの配慮はあまりなされていないのが実情のようです。

他院でよく用いられている麻酔法

たとえば全身麻酔や硬膜外麻酔などは、実は体への負担がとても大きいものです。ことに全身麻酔では麻酔中の全身管理のために専属のスタッフが必要ですし、術後の経過をみるためにも、最低一泊の入院が必要です。
これでは、美容整形に適した麻酔法とはいえないでしょう。私は、すそわきが・多汗症治療における麻酔は「痛みを感じない‐というだけでは不十分だと考えました。そして、より効果的で患者様の負担も軽い、新たな局所麻酔法の開発に取り組みました。

そこで注目したのが、「カリフォルニア法」という麻酔法でした。名称からも判るように、この麻酔法はカリフォルニアで開発されたものです。体へのストレスが少なく、効果が高いのが特徴。麻酔の先進国であるアメリカにおいても、最先端の麻酔法です。この麻酔法をさらに改良し、日本人の体に合う「体に優しい麻酔法」としてでき上がったのが、「改良型麻酔法」です。

この麻酔法で使う麻酔薬には、pH(ペーハー)や浸透圧を人間の体液と同じにするための薬が入っています。さらに、優れた止血効果のある薬も配合しました。そうすることで、体に対する負担は非常に軽くなり、麻酔効果もアップし、しかも長時間維持できるようにもなったのです。また患者様の中には、麻酔注射の「チクッ」という痛みが苦手な方もいるでしょう。すそわきが・多汗症の手術では「ワキの下」という、ただでさえデリケートな部分に注射することになるのですから、なおさらです。
すそわきがの治療方法と臭いに効く石鹸ランキング

そのためクリニックでは、麻酔注射のための麻酔も行っています。それは「極低温ガス麻酔」と呼ばれるものです。これは文字通り、低温ガスを使って、一時的に皮層の感覚をマヒさせる麻酔法です。そして感覚が鈍っているわずかな間に注射をする、というわけです。
非常に温度の低いガスを肌に吹き付けると、寒さで手がかじかんだようになり、感覚が薄れます。その瞬間を見計らって麻酔の注射を打てば、痛みをほとんど感じずに済みます。これなら、たとえ注射が苦手な方でも安心できるでしょう。

また、点滴からの「リラックス麻酔」も併用します。この麻酔により、患者様はなかば眠るような、ゆったりとした状態で治療を受けていただけます。麻酔注射の痛みさえまったくありませんので、小学生の子どもでも安心して治療を受けられます。どうぞご安心ください。
さらに、治療の効果を上げるために、第一段階である汗腺破壊の直前に「ハイドロダイゼクション」という処置を行います。これは麻酔薬に皮層と汗腺類を柔らかくする薬剤を配合して、

皮下の汗腺が存在する層にていねいに注射していく方法です。こうすると手術を行う汗腺の層のみが柔らかく分離されて、その後の破壊・吸引を行いやすくなるのです。治療効果も飛躍的にアップするうえ、治療そのものも非常にやりやすく、手術時間も大幅に短縮できるため、患者様の負担も軽くなります。
このように、クリニックでは麻酔を中心に数種類の麻酔を組み合わせた、独自の『4段階無痛麻酔システム』を用意し、痛みに対して最大の配慮を払っています。「痛いのが苦手」という方でも、安心して手術を受けていただけます。実際、小学2年生の女の子も手術を受けられました。小学生でも受けられる、それがクリニックの治療なのです。

繰り返しになりますが、麻酔は「痛みを和らげる」というだけでは充分ではありません。体への負担はできるだけ軽く、治療効果は最大限に高め、しかも安全なものでなくてはならないのです。すそわきが・多汗症治療を考えながらも、痛みを気にして決心がつかない..….。それは多くの方々に共通する感覚でしょう。カウンセリングに訪れる患者様のほとんどが「痛くないでしょうか?」という不安を口にされます。手術を受ける患者様にとっては、やはりそれがいちばん大きな心配事なのでしょう。

ですが、ご心配はいりません。クリニックの「麻酔」は、体に負担をかけず、それでいて高い麻酔効果を発揮します。あなたが気にされているような痛みの心配は、もう必要ありません。どうかご安心いただきたいと思います。

改良を重ねたわきがの最新治療

クリニックでは、最先端のワキガ・多汗症治療で治療を行っています。これは過去のワキガ治療の常識をくつがえす、画期的な治療法です。
ワキガ・多汗症治療については、つい最近までデメリットの多い不完全な手術が行われていました。そのためワキガ・多汗症の手術に先入観を持っている方が数多くいらっしゃいます。
例えば「手術を受けても、やがて再発してしまうのではないか」「手術後の後遺症が心配」「手術後の通院が面倒だし、そんな時間もとれない」などが挙げられます。ことに再発や後遺症に対する不安は今も根強く、ワキガ・多汗症治療の最大の誤解ともいえるでしょう。

さらに「本当にワキガや多汗症がなくなるのか半信半疑」など、治療効果に対する不安もあります。
私は、「ワキガ・多汗症の手術は一生に一度の大切な手術だ」と考えています。一度手術を受けたなら、それでキレイに治せるものでなくてはなりません。何年かして再発してしまったり、後遺症が残ってしまうというようなことは、あってはならないことです。

そこで私はかなり早い時期から、ワキガ・多汗症の治療法について、改善・改良を進めてきました。当時の治療法を検証し、長所を活かして短所を補い、より洗練されたものになるよう、研究を重ねていたのです。
もちろん、ひとくちにワキガ・多汗症治療といっても、いろいろな手術法がありますし、実際に治療を担当する医師の技量によっても結果は違ってきます。残念ながら、すべての医師が最新式の治療法、手術法を理解し、そのための技術を磨いているとは限らないからです。

私は、患者様が手術に対して不安や心配が強いことは承知しています。その不安を解消するのが私たち医師の務めであるのは言うまでもありません。そのため、手術法の改良・改善にあたっては、私は常に次の3点を重視してきました。
(1)安全で、大きな後遺症の心配がないこと。
(2)手術のための入院や術後の通院の必要をできるだけなくし、
また早期に社会復帰できること。
(3)傷跡が目立たず、キレイな仕上がりであること。

後遺症の心配や入院・通院の必要性そして傷跡の心配
多くの患者様が気にするこれらの問題をすべてクリアするために、改良に改良を重ねた末にたどり着いたのが、吸引法をさらに改良した方法なのです。